大阪のクリニックで処方されるシアリスの服用方法や注意点を確認しよう

正しく服用することが大事

シアリスはこれまでのED治療薬とは異なって、効果がマイルドで持続時間も長くて、副作用も少ないことから誰でも問題なく服用することが出来ると思われています。ですが、しっかりと用法用量などを守って服用する必要がありますよ。

シアリスを安全に服用するための5か条

決められた用法や用量を守る

大阪で処方されるシアリスは5mg、10mg、20mgの3種類があり、それぞれ有効成分の含有量が違うため、用量によって効き目が変わっていきます。基本的に5mg錠が一番弱くて、20mg錠が最も強い効果が期待できます。そのため、自己判断で用法用量を変えると副作用が発生する可能性があるので、行わないようにしましょう。

服用するタイミングは行為の3時間前に

シアリスは最大で36時間ほど効果が持続する治療薬であるため、早めに服用しておいても特に問題はありません。ですが、遅効性の治療薬となっているので、身体に吸収されるまでに時間がかかります。そのため、シアリスを服用するベストなタイミングとして行為を行なう3時間前が良いでしょう。

出来るだけ空腹時に服用

シアリスは、他のED治療薬と比較してみても食事の影響を受けにくい薬となっています。重い食事を摂取しない限り、食後に服用しても効果は発揮されます。とはいえ、全く影響がないわけではなくて、空腹時と比較すると効果は半減してしまうでしょう。より高い効果を期待するなら、空腹時に服用するのがおすすめです。

グレープフルーツには注意が必要

食事の影響があまりないシアリスですが、服用時にグレープフルーツを摂取するのは避けましょう。理由としては、グレープフルーツに含まれているフラノクマリンと呼ばれる成分がシアリスの効果を邪魔するからです。効果がいまいち現れないなどがないように、グレープフルーツの摂取には気を付けてください。

アルコールは少量に抑えよう

食事の場でアルコールが入ることもありますが、大きな影響は出ません。アルコールには精神安定作用が含まれているため、少量の飲酒ですと気分がリラックスします。EDには精神状態に深い関係があるため、アルコールを少しだけ摂取することで、一層強くシアリスの効果を感じることが出来るでしょう。

ここが安全!治療薬を処方するクリニックを選ぶポイントBEST5

no.1

信頼性がある

シアリスなどの治療薬は文字通りに薬になります。そのため、処方してもらうクリニックを調べるときは、信頼できるかどうかが一番気になるところです。病院の実績や創業年、医師の実績などを総合的に判断しましょう。

no.2

カウンセリング内容

シアリスの処方前には必ず医師によるカウンセリングをする必要があります。カウンセリングでは具体的な治療法を説明したり、注意点や副作用を説明したりします。そこで、細かなところまでカウンセリングを受けれるか注目してみましょう。

no.3

立地条件が良い

自宅や会社の最寄り駅周辺クリニックですと、誰かに見られないか不安を感じてしまいます。そのため、定期で通える範囲内にあるクリニックがおすすめになります。あるいは、外見がEDクリニックだと分からないようなところも良いでしょう。

no.4

診療受付時間

意外にこの診療受付時間も選ぶポイントになります。EDクリニックの中には、土日祝でも診療を行なうところや年中無休、夜の21時まで開いている場所もあります。通いやすい時間帯のクリニックを選ぶと良いですよ。

no.5

口コミの有無

クリニックの評判というのは、実際に訪れた人にしか分かりません。そのため、インターネットで口コミや評判を確認して、参考にしてみるのも良いでしょう。どんなに大きな広告を出していても、必ずしも良いクリニックとは言えない場合もあります。

服用時の注意点

上半身

併用禁忌薬に注意しよう

他の治療薬と同様にシアリスにも併用禁忌薬があります。併用禁忌薬はそれ単体では良い効果が期待出来ますが、シアリスと同時に服用すると重大な健康被害をもたらす可能性がある薬のことです。そのため、大阪などではシアリスと一緒に飲むことは禁止されています。主にシアリスの併用禁忌薬として、硝酸剤や一酸化窒素供与剤が有名となっています。

「正常な勃起」をサポートするための薬

シアリスは男性器の正常なサポートをするための治療薬となっています。EDの治療薬と聞くと、中には精力剤と考える人もいますが、根本的に異なるものになります。シアリスは服用したからと言って勝手に勃起したり、性欲が増大するわけでもありません。シアリスはあくまでPDE-5の働きを阻害する効果しかないので、勃起するためには別に性的な刺激や興奮が必要ですよ。

副作用は出にくい

シアリスで副作用が出にくいのは、バイアグラとは違って遅効性の治療薬であることが関係しています。バイアグラは即効性の薬であるため、効果が出るのも早いですが、その分短時間で身体に作用させる働きがあるので、副作用が出やすいことで有名です。一方でシアリスは遅効性の薬のため、身体にゆっくりと馴染むことから、副作用が出にくいでしょう。

確認された副作用

副作用が出にくいと言われていますが、全く副作用の影響がないというわけではありません。医師から聞く注意事項やメーカーの添付文書にも掲載されていますが、よく確認される副作用として頭痛、ほてり、消化不良があります。その他にも筋痛や鼻づまりなども確認されています。発生する副作用のことも事前に確認しておきましょう。

シアリスの偽造薬に気を付けよう

シアリスを含めたED治療薬は大阪などで偽物が数多く出回っていることが判明しています。とある医療メーカーが調査した結果、インターネット上で流通しているシリアスのおよそ6割が偽造薬であることが分かっています。そのため、偽造薬を使用しないためにも、シリアスはクリニックなどで処方するのが一番安全となっています。

広告募集中